腰痛が辛い腰部脊柱管狭窄症の適切な治療【腰回りのトラブルを解決】

women doctor

専門の医療機関へ

腰部脊柱管狭窄症は神経症状や痛みが出現します。

doctor and nurses

腰部脊柱管狭窄症とは腰椎にある脊柱管という脊髄を囲んでいる管が狭窄することにより痛みや様々な神経症状が出現する疾患です。加齢による腰椎の変形や、変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腫瘍などの疾患によって引き起こされます。治療法としては薬によって疼痛を緩和しつつ保存療法や運動療法を行う方法と、症状の強い場合や改善がみられない場合は手術を行う方法があります。治療費として内視鏡などの手術を行った場合は入院費を含め100万円以上かかることが多いようです。腰椎椎間板ヘルニアでは50万円程度かかるということから、治療費は高額になる部類に入ります。また、手術後リハビリを必要とする場合がある為、別途で料金がかかります。しかし、医療保険が適応するため治療費は1から3割負担で済みます。

治療には運動療法がとても重要です。強い体を造ることで再発予防にもなります。

腰部脊柱管狭窄症では脊椎や神経症状の他に、腰部の筋肉に痛みが生じることが多くあります。治療経過の中でコルセットを処方され保存療法を行うことで神経症状の改善がみられるケースも少なくありません。しかし、腰部の痛みは残存することがあります。そういった場合、リハビリにより体幹の筋力増強や、腰部に負担のかからない姿勢を学習することで、腰部筋の痛みの除去・再発の防止が可能になります。また、腰部脊柱管狭窄症の症状として特徴的なものの1つに間欠性跛行というものがあります。これは、長く歩くと下肢に痺れや痛みが出現・増悪し、休憩することで改善がみられるという症状です。この間欠性跛行もリハビリにより下肢・体幹の筋力増強や神経の通っている筋肉を緩めることで改善がみられます。このように、腰部脊柱管狭窄症の治療は手術に頼らなくても保存療法やリハビリによる運動療法を上手く使い分けることで症状を軽減・消失させることができるのです。